林はるのぶ独白録

西脇市議会議員 林はるのぶのブログページです。

時々、毒吐く録になってる時もあります・・・・
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
新庁舎の整備は?

 新しい庁舎と市民会館(市民文化交流施設)の場所はカナート跡地に決定しましたが、今一つ全体像が見えていません。



 市行政側は現在、新庁舎の整備基本構想をまとめている最中ですし、市議会は別で市議会なりの意見として新庁舎等建設に関する特別委員会で市行政側に提言書を提出しようと最終的なまとめ段階に入ったところです。





 

 西脇市議会や西脇市公共施設適正化検討委員会には、図のような新しい庁舎のレイアウト案が提出されています。



 これはあくまでも整備の一例としての案なのですが、市行政が現在こんな感じで新庁舎と市民文化交流施設を考えているということは見えてきます。



 



 整備についての取組み内容や進捗状況はこちらで見られます



 



 新庁舎は4階建て(7250?)、市民文化交流施設は2階建て(1760?)



 駐車場スペースが448台(うち職員用270台)



 バスターミナル、イベント広場、ふれあいゾーン



 



 などが整備されるようです。



 



 駐車場は多いように思えますが、もし市民文化交流施設でのイベントと重なったときにどうか?という一抹の不安は覚えます。



 大ホールの席数は500席ですから、満員ともなって、田舎ゆえの1人1台で会場に来た場合どうするんだろう?と思いますね。



 そこまで極端でなくとも、2人で1台くらいで来ることは十分考えられます。



 そういう意味でも公共交通機関(コミュニティバス等)の再整備は必須でしょうね。



 またこの駐車場を利用してのパーク&ライドも考えられます。



 神戸三宮や大阪に向かうバスがここから(神姫バス西脇営業所は隣接)出ていますので、ここまで車で来て車を駐車して神戸や大阪にということは増えてくるだろうとも思っています。



 現在のように市内をぐるぐる回って大阪まで約1時間半ですから、すぐ近くのR175に営業所から直にバスが乗ってくれるようになれば、さらに時短され、大阪にも十分通勤可能なエリアではないかと考えます。



 



 ふれあいゾーンには何ができるのか?



 市行政の口は何故か重くなります。



 私はカフェであったり、小規模な商業施設であったりをイメージするのですが、今一つ具体的な説明はありませんでした。



 私は土日の市役所の休みには、ふれあいゾーンやイベント広場を利用したマルシェ(市場)ができるようなのがいいなぁ、と勝手に思ってるのですが・・・・・



 



 以前に西脇市の「経済の復活」は「商都にしわきの復活」に他ならないと言ったことがありますが、周辺整備と併せ、商業誘致の取組みを進めてもらいたいと思っています。



 



 周辺整備については、また別の機会に書いてみたいと思います。



 



 いずれにせよ、住民が期待できる施設整備と周辺都市計画案を早く見せてもらいたいと思っています。



 

コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.