林はるのぶ独白録

西脇市議会議員 林はるのぶのブログページです。

時々、毒吐く録になってる時もあります・・・・
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
視察は事前調査、委員会も同じで段取り八分!

 本日は午前中議員協議会でした。
 市民傍聴者があったせいか、議論も伯仲し、9時半から12時ギリギリまでかかりました。

 特に議論があったのが会派視察報告に関してでした。

 人口600人213戸で13集落の地域自治協議会の視察だったので、「西脇市と全然人口規模の違うところへ行って意味があったのか」「視察調査事項に全然触れない視察報告に意味があるのか」「まちづくりに対する真剣さを学んだとか知恵を出し合って住んでよかった地域になれることを学んだ、リーダーシップでくじけず続けていくことの大切さを学んだ等具体的政策の無い感想文しか書けない視察に意味があるのか」等々。

 視察で大事なのは事前調査で、その事前調査で「西脇市の課題は何か」「何を調査するのか」「その解決の糸口なりヒントが先方にあるのか」等をしっかり確認しないと「慰安旅行」に近いものになるだけです。
 「やる気を学んだ〜」なる視察に税金を使って行くのは、市民の議会に対する不信感を助長するだけです。

 後で、市民傍聴の方が嘆いておられましたね。

 

 会派の視察報告書

 

 その後の、3人の研修報告も「西脇市に何が導入できるのか」という点では不満の残るものでした。
 知見はそれなりに広がったとは思うのですが、その先を求めたいですね。

 

 午後からは議員定数調査特別委員会。
 極めて低調な議論・・・議論ともいえないようなものでした。
 どこかの定数議論の報告書の項目だけをコピペして、それを議論のテーブルに乗せようとしても、どだい無理な話です。
委員会で議論するには7〜8人が良いという結論を6人の委員会で議論しているのも滑稽ですし、「討議性を深めるためには」とおよそ討議性なく委員会で議論しようとしていることも滑稽です。

 

 何度も言いますが、討議するには「課題」と「論点」が必要なのです。
 それを提示せずに「討議」しようとしても、それはムリな話なのです。

 こうなってくると委員会の「討議性」とは人数ではなく、構成する委員の質によるものだと普通は結論づけるはずです。

 12月定例会の委員会の議論を動画で見返してみるといい。
 一体何人が議論しているというのか。
 7人でしっかり討議していたのか。
 その検証から始めないといけないのです。

 「委員会は7〜8人いないと討議性がないんです❗」と議会が言ったところで、

 「7〜8人いても討議なんてしてねえじゃねえか❗」という事実を市民から突きつけられると、何と答えるのでしょうね??

 

 今日も委員会で言わせてもらいましたが、「定数を何人にするとか、減らすとかそのままとかは枝葉の話。大事なのは何故定数を減らし続けているのにいつまで経っても、定数を減らせという声が市民から出てくるのか考えてもらいたい。そのために議会はどうあるべきなのか、議員はどうあるべきなのかを考えてもらいたい」

 

 それが議長の私からの諮問だったはずなのです。

 

 それを「市民から意見は聞かない」「アンケートはしない」「シンポジウムは時期尚早」「議会報告会のテーマにはしない」と市民から逃げてばかりで、内々だけで結論を出そうとしていることが間違っているのです。

 市民不在で議論をしようとしている限り「議員定数を減らせ」という声が止むことはありません。


 それだけは間違いないのです。

 

※西脇市議会基本条例
第2条 議会の活動原則
⑴ 情 報 公 開 や 市 民 参 加 の 推 進 に 努 め る こ と 。

第5条 市民と議会の関係
議 会 は 、 市 民 の 意 向 を 議 会 活 動 に 反 映 す る こ と が で き る よ う広 く 市 民 の 意 見 を 聴 取 す る 機 会 の 確 保 に 努 め な け れ ば な ら な い 。

第21条 議員定数
2 議 会 は 、 議 員 定 数 の 改 正 に 当 た っ て は 、 行 財 政 改 革 の 視 点 や 近 隣市 と の 比 較 だ け で な く 、 市 政 の 現 状 及 び 課 題 並 び に 将 来 予 想 及 び 展望 を 十 分 に 考 慮 し 、 併 せ て 、 市 民 の 意 見 を 聴 取 す る 機 会 を 設 け な けれ ば な ら な い 。

コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.