林はるのぶ独白録

西脇市議会議員 林はるのぶのブログページです。

時々、毒吐く録になってる時もあります・・・・
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
寺島渉氏来る!−飯綱町議会の取組

 本日は前飯綱町議長の寺島渉氏が西脇市で講演を行ってくれるので参加しました。
 寺島氏は第12回マニフェスト大賞グランプリ受賞者です。
 議会改革のトップランナーの一人ですね。

 私はお会いするのは初めてだったので楽しみにしていました。
 で、お会いした瞬間から話は弾みました。
 同じようなことを考えているからです。

 また私がお出会いしたことのない寺島氏のことを知っているように、寺島氏も私のことを知ってくれていたようでした。
 たぶん二人で話していたら2時間でも3時間でも話は弾むでしょうね(みなさんの手前さすがにそれはできませんが)

 講演の内容は住民参画の部分を強調される内容でした。
 住民向けの講演ですので、とても良かったと思います。
 私が普段言ってるようなことでも、講師先生が言ってくれると響き方も違うのです。


 ただ、講演の中で、西脇市議会や私の名前が出てくるのは有難いのですが、正直面映ゆい気がしました。


 前に座っていた市民の方から、講演後に「えらい、あんたのこと褒めてたよな」と言われても「はぁ.....有難いことです」としか答えようもありませんので(他議員もいたのでジェラシックパークの対象にならないかと・・・考え過ぎかなぁ)

 

 また講演でも強調されていました議会サポーターや議会モニター制度は、平成25年に西脇市議会基本条例に盛り込もうとした時、反対に遭って潰えたことだということを付け加えておきたいです(苦笑)

 

 さらについでに書かせてもらうと、平成14年に常設型住民投票条例も議員提案しましたが、委員会可決まではいったんですが、本会議であえなく否決されました。
 今、提案したらどうなるんだろうか・・・と、ふと考えました。
 平成25年制定の西脇市自治基本条例にも住民投票の条項はありますが、あれは単に直接請求等のことが書いてあるだけの、私に言わせれば、ニセモノ(似せもの)です(苦笑)

 

 飯綱町の議会だよりモニター制度は、アンケートのみでやっているということですが、私は集まる場、モニターさん方の議論の場が必要だと思いますね。
 後で聞いてみると、その必要性は寺島氏もわかっているようでした。

 

 西脇市議会では来年度から議会だよりモニター制度を採用することが既に決定しています。
 現在、広報広聴特別委員会で制度設計を行っているはずですが、本日、広報広聴委員の出席は少なかったですね。大丈夫かいな??

 

 

 講演会での私の最大の驚きは80名も集まったことでした。
 議会関係の講演で市民がこれだけ集まるのはすごいことだと思いますね。
 これなら、もっとシンポジウムとかもできそうです。
 議会のあり方や議員のあり方の研修なんて、市民にこそ聞いてもらいたいのです。
 恐らく、市民の描く議員像、議会像とギャップがあるはずなんです。

 

 講演後に、場所を変えて、議員4名、市民の方が数名で、寺島氏を囲んで懇談会を行いました。

 市民の方から、議員の活動が見えない、議会活動が見えない、という苦言も出ました。
 でも「議会報告会なんて行ったこともない」んだそうです。

 

 ブログに書いたこともありますが、「議会や議員はいつも市民に片想い」な存在です。

 伝えたいけど、伝わらない。
 知ってもらいたいのに、振り向いてもらえない。

 これらをどうやって「両想い」にするか、私たち議会も考えていますし、市民のみなさんからももっと意見を聞きたいと思いますね。

 

 少なくとも西脇市議会では市民に隠して或いは隠れて物事を決定したりはしません。
 私が居る限りそんなことはさせないのです。

 

「知らないうちに決まっていた」なんてことにならないよう努めているのです。

 それでもなかなか伝わらない。

 情報をどうやって共有していくか、どうやって市民参画を進めていくか、まだまだ課題は多いですね。

コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.