林はるのぶ独白録

西脇市議会議員 林はるのぶのブログページです。

時々、毒吐く録になってる時もあります・・・・
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
1%支援制度やクラウドファンディングについて

 朝は津万地区代表区長と会談をしていました。
 その中で、地域自治協議会立ち上げの話などもしていて、事業を行う資金などについてのクラウドファンディングにも話が及びました。

 私は以前からまちづくり団体やNPOなどへの「住民税1%支援制度」創設の提案なども市行政へはしているのですが、クラウドファンディングについても「ふるさと寄付を使ったクラウドファンディング」が持論で、以前には「西脇小学校木造校舎保存改修」への創設を提案したように、同種の事業スキームを使い、市民団体からの提案制度創設についてをお話させてもらいました。


 区長さんは大変乗り気で「是非創設してもらいたい」とのことでした。

 

 簡単にいうと、市民団体(まちづくり団体やNPO団体)から、事業プレゼンを行ってもらい、審査して1年間で2つか3つ枠でふるさと寄付への指定先にします。

 返礼品は市民団体が考える(無しでも構わないし、情報誌を無料で届けるなど・寄付が集まりやすい工夫を団体が考える)指定先に集まった寄付金はそのまま団体に渡しますが、1年が経過或は目標金額をクリアした段階でクラウドファンディングは終了です。

 

 そんな制度が作れないものかと考えてますし、実現に向けて動きたいとも思ってます。

 

 午後は子ども子育て会議に傍聴参加していました。
 西脇市こども条例もいよいよ素案が出来上がり、3月くらいからパブリックコメントにかけられるそうです。
 それ自体は喜ばしい限りなのですが・・・

 

 内容については「うーん」となる部分もあります。
 もちろん議会へ上程されるのですから、修正含めた議論もしなきゃな、と思うのですが・・・・

 会議でも3人から意見が出されてましたが、それをどうするか具体的な話合いは皆無でした。

 

 苦言となりますが、市の審議会に出るといつもこのパターン。
 事務局案が提示され、それに少し意見が出て、それで終わり。

 審議会じゃなくて説明会ですよね。

 

「審議」・・・会議において議題を慎重に 評議・検討すること。

 

 もう少し、意見の出しやすい会議形式にすべきですね。

 議員はプロフェッショナル(?)ですから、会議や議会で発言しますが(しない人もいるけど←それは言わない約束でしょ)、市民の方に出てきてもらって、分厚い資料渡して、「では意見を出してください」と促されても、なかなか意見が出るものではありません。

 勇気も要りますよね。

 本当はアイスブレイクも必要ですし、会議形態も変えるべきだと思いますね。

 

 審議会のあり方はこのままでいいのか、議会でも議論が必要なのかもです(執行権の問題はありますが)

 

 議会と語ろう会の方がよっぽど議論になってますね(テーマが身近なこともありますが)

コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.