林はるのぶ独白録

西脇市議会議員 林はるのぶのブログページです。

時々、毒吐く録になってる時もあります・・・・
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
議長選マニフェストを検証します

 議長選マニフェストに掲げた項目についての検証を行います。

 ただ、中には選挙マニフェストと重複している事項もありますので、ご了承願います。

 

■定例会議事日程に公聴会の制度化を目指します!
 現在は未だ研究段階。2018年5月に議会事務局研究会でも意見を聞きました。研究者の大学教授からも「多少法律と違うシステムであっても、それによって誰得なのか考えればいい」と言う言葉を頂戴して意を強くしています。

 2018年度末までに制度の叩き台を提示したいと考えています。

 

■議員定数についての議論を始め、2年以内に結論を出します!

 本ブログでも逐一報告している通り、2017年12月に議会運営委員会に特別委員会設置提案。議論の末、2018年8月に特別委員会設置に至っています。現在は第2回議員定数調査特別委員会まで開催しています。概ねの方向性は8月頃に出る予定ですが、定数を何人にするかという議論より「何故議員の数を減らせという声が出るのか」を考えてもらいたいと常に言っています。

 

■議会は議論のヒロバであることを再認識し、議員間での議論の活性化を促します!

 議会改革に関する部分なのですが、2018年2月に議員研修会を開いて意識の向上とスキルアップを図りました。

 また全議員に課題と政策の関係を図式化した私製参考資料を配布し、審査の充実を図っています。

 

 さらに制度として一般質問の結果を常任委員会に付託する取組や議場での質疑質問に対する反論を議長が執行部側に求める取組も開始しています(執行部は遠慮があってか議員の質疑質問に対し反論しないため)

 

■議会の持つ本来の機能を取り戻し、住民のみなさんに信頼される議会づくりを行います!

 2018年7月に総合計画への関りや大学との連携、取組の見える化などについて多治見市や加賀市を視察。

 現在は議会だよりモニター等各種制度案を議会運営委員会に提出し、年明けに審議される予定です。
 監査委員からの各種報告書に対し議選監査委員が質疑応答に応じる監査報告会の制度化。

 私製の議会不要論に陥る議会を図式化したものを全議員に配布し、意識化を図りました。

 

 1年間(正確には1年1か月)精一杯務めてきました。

 マニフェストに対する取組はそれなりでも、市民からまた議員からの評価はわかりません。

 しかし、私にしかできない、私ならではの特長を活かした議長像を模索しながら、これからも精進していきたいと思います。

 

 

 

コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.