林はるのぶ独白録

西脇市議会議員 林はるのぶのブログページです。

時々、毒吐く録になってる時もあります・・・・
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
議決事件の拡大

 今日は定例の議会運営委員会。

 議会アンケートや総合計画基本計画を議決事項にすることなどを協議しました。

 基本構想の他に基本計画を議決事項に加えることは、私がもう5年くらい言い続けていることですが、本日の議論では「総論では賛成するが各論で反対だ」という意見が出ました。

 基本計画を議決事件にすることは本来やらないといけないことだとは思うが、今の議会の顔ぶれをみるとムリなんだそうです・・・・


 つまり基本計画の議決責任を負える議員レベルでは無いので、もう少し実力をつけてから、ということのようです。

 

 基本計画を議決できる議員レベルではないのに、実際の予算とか条例案を議決してはいかんでしょ!!ということを申し上げました。

 

 そんな議会ならば要らないと市民のみなさんは思いませんか??

 

 トンデモナイ論旨だと思うのですが、さらに他の議員からも「私自身も議決できるレベルにはないので、議決事件にせずに協議しましょう」という発言が・・・

 

 議決できないレベル・・・議員報酬満額もらってはいけませんよね。

 

 こういった積み重ねが議会不要論になります。

 

 市民からの議員定数を減らせ、議員報酬減らせの声は止まないでしょう。
 自らがその原因を作っていることに早く気付かないといけません。

 

 市民は議会を理解してくれない!口を開けば減らせばかりいう!
 とか市民に責任転嫁するのではなく、議員自身が自分で自分の首を絞めていることに気づかないといけないのです。

 

 私もそんなレベルの議会ならば議員定数を半分に減らせと言わざるを得なくなります。

 

 私からは『重要な計画(基本計画等)を議決事件にすること』、『議会だよりモニターの設置』、『委員会の所管事務調査の進行管理の見える化』、『大学等との連携の模索』、『議会事務局の法制能力の強化』などを提案しています。

 

 これらの提案については11月26日の次回議会運営委員会で議論されることになりました。

 

 先送りにばかりにならねばよいが・・・・

 

コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.