林はるのぶ独白録

西脇市議会議員 林はるのぶのブログページです。

時々、毒吐く録になってる時もあります・・・・
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
政策議会へ、少しずつ

 本日は議会運営委員会。
 議選監査委員の存廃について協議しました。
 大勢は廃止の方向に進みつつあります。

 

 

 廃止の理由が「今までの議選監査委員は適任だったと思える人がほとんどいなかった」という資質論でした。

 

 それだと、その監査委員すら務まらない人たちが議員として居ていいのか、という別の議論も出てくるんですが・・・

 

 最終決定は11月なのですが、それまでにまだまだ議論が展開しそうです。

 

 さらに、私からは一般質問の答弁結果を委員会の所管事務として取り上げる制度運用を提案しました。

 具体的には一般質問で市行政側の答弁が「検討」や「研究」という場合、委員会で追跡調査をして、政策の実現を目指すというものです。

 

 また、一般質問答弁で研究や検討という回答ではなくとも、委員長が取り上げたり、一般質問をした当該議員が委員会に提案するという形で提案できるということにもしました。

 ただ、あくまでも個人の意見を尊重し、委員会で追跡するか、自分で追跡するかは、一般質問者の意思によるとされました(ここが意味不明なんですけどね)

 政策の実現を目指すなら、本来、市長にお願いするだけではなく、議会に提案していかなければならないはずなんですが___その辺りの認識が薄いのが気にかかりますね(おねだり民主主義になってしまいます)

 

 でもまあ、政策議会に向かって一歩前進です。

 

 しかし本当は器(制度・システム)よりも中身(議員の政策能力)が大事なんですけどね。

コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.